2012/05/13 NICKEY & THE WARRIORS@下北沢BASEMENT BAR

◆2012年5月13日平成ウエスタンカーニバル@下北沢BASEMENT BAR◆

君は見ただろうか? あの奇跡のバランスを

…え!?観てない?マジ!?
そうか…そうですか…。
いや、そりゃマズイ。マズイよ。

ズイマーだよ!!

平成24年5月13日。
場所は下北沢…「平成」と銘打っておきながら実に昭和の香漂うイベント「平成ウエスタンカーニバル」。「ウエスタン」と言っても、帯広中心にチェーン展開している焼肉バイキング「ウエスタン」における香ばしいカーニバルとは違い、こっちぁポマードと男の色香が充満する音楽カーニバル!
そんな男くさいイベントに出演を果たした我らがNICKEY&THE WARRIORSであるが、今回のイベント、出演者はもちろん観客、スタッフまでもが当然のように全員リーゼントという、完全AWAY状態(ウソ)。革ジャン&リーゼントという共通語を身に纏った連中からしてみれば“どれほどのもんやねん”という想いがあったであろうことは想像に難くない。
そんな強烈な逆風吹く中、その驚くほどお人好し極まりない人間性とは裏腹に、ビックリするほど攻撃的かつ好戦的なビジュアルのKAZUO、GUN、ラッコ先輩に、ゲストギタリストのCROSS( THE LEATHERS)を加えた4人が登場して始まったのは、まさかの激レアナンバー“March of Warriors”。やはりゲストギタリストが入ると、LIVEもタダじゃすまない感じがアリアリである。
そして、CROSSとラッコ先輩の競演による”LET’S ROCK”のギターリフが始まり、飛び出してきたのは、夏! 亜米利加!! ウエスタン!!! そう、NICKEY!!!!!

星条旗をあしらったセクシーなコスチュームに身を包んだその姿はまさしくアメリカン・ビューティー。今すぐオバマ大統領あたりから「Queen of WESTERN」なんていう勲章もらってもいいぐらい、いや、授与されなかったら確実に国際問題に発展(個人的に)!!
…それはさておき、いきなり必殺セクシーカウンターパンチでヤローどものヒザをガックガクにしたNICKEY。スキを見せることなく続けて放ったパンチは“Hurry up!”と,
これまた「幻の右」にも匹敵する“Feel good”。そして、「みんな元気ィ」…。健全な男子ならだいたいこのへんでカタがつく。正直なとこ、いつもこの言葉を聞いた段階ですでに体力の8割は使ってる。あとは気持ちでLIVEを乗り切っている。だいたいみんなそうだと思うが。
というわけで、スタートからガッツンガッツン攻めるCROSSを交えた5人編成のNICKEY&THE WARRIORSが続けてお届けするのは“In my heart”と“Big love”の2連発。このあたりから、NICKEYの魅力と魔力と女子力に導かれたリーゼント軍団がジワジワ前線に進出。気が付けばステージ前にはリーゼント、マスク、半裸、リーゼント、女子、リーゼント、TATSU…と、パッと見、何のLIVEだかさっぱりわからないカーニバルな状態に!
それに煽られ、LIVE後半戦突入後の“Dream in”“Born to ride”“Power & Glory”3連発というゴリゴリの盛り上がりどころで、ラッコ先輩が突如アンプの上で「お立ち台ソロ」を披露!!飛び散った汗でNICKEYの左半身に水害をもたらすも、カーニバルの名に相応しい祭り気分のロケンロールとなった。
シメの“Wild cherry”も、5人編成のこの日ならではのパワフルなプレイ。
そして、それに負けないくらいパワフルに飛び跳ねたフロア。いつもとはまた違った楽しさは、この日新たにNICKEY&THE WARRIORSの虜になったリーゼント男たちの仕業。

こうして、気が付くと新しい仲間が増えている。
こんなLIVEこそ、NICKEY&THE WARRIORSの真骨頂だなーと思う。

カワイイだけじゃない。カッコイイだけじゃない。何とも贅沢なROCKバンドの黄金比率。
正直、それを目にしているだけでも、とても恵まれていると思うし、幸せだなぁとも思う。
しかしながら―。

残念なことに、人間とは欲深い生き物である。
贅沢だとわかっていながらも、十分だと思っていながらも、もっともっとこの奇跡のバランスを見たいと、見続けたいと思っている。きっとそれは、俺だけの話じゃなくて。

あの日、あの場にいた誰もが、そう思っていたに違いない。

ROCK!!

report by "男峠"


SET LIST
1. March of Warrior
2. Let’s Rock
3. Hurry up!
4. Feel good
5. In my heart
6. Big love
7. Dream in
8. Born to ride
9. Power & Glory
10. Wild cherry




▲ BACK